お肌のトラブルと年齢

若い時には全く気にしていなかったのに、ある程度の年齢になると急激に増えてくるのがお肌のトラブルです。
女性にとっては大きな悩みの一つですが、30代に突入した辺りからお肌のトラブルに悩むことが多いとされています。
この原因は肌の老化現象によるものです。
その主な対策としてもっとも重要なのが保湿です。
お肌のトラブルの原因は肌に含まれる水分が減少したために起こることがとても多いのです。
何故それほどまでに肌に含まれる水分が重要なのかというと、それは肌に含まれる水分が紫外線などの外敵から身を守る働きをしてくれているからなのです。
私達の肌には元々コラーゲンやヒアルロン酸といった保水力の高い成分が含まれています。
しかし、これらの保水力に優れた成分は年齢と共に減少していってしまいます。
生まれた時の赤ちゃんがとてもぷにぷにとしているのは、外敵から身を守るためにこれらの成分がもっとも多い時期であるからなのです。
それでは、年をとってしまうと赤ちゃん肌のような潤いのある肌に戻れないのかというとそうではありません。
確かに体の中で作られるコラーゲンやヒアルロン酸は減少していってしまいますが、それらは外から補ってあげることで肌に潤いを取り戻すことは可能です。
また、肌へのダメージというのは徐々に蓄積されていくものなので、まだ若いからといってスキンケアを怠るのも危険です。
若いうちはそれでも大丈夫ですが、肌に含まれるコラーゲンやヒアルロン酸が減少し始めると急激にそのダメージが見えるようになってきてしまいます。
年をとってからシワやシミなどで苦しまないようにするためにも、出来るうちからしっかりとしたスキンケアを心がけることが大事です。