お肌の曲がり角とは

子供のお肌は綺麗です。
赤ちゃんなんて、毛穴もなくプリプリのモチモチです。
いつからが、お肌の曲がり角と呼ばれるのかと言いますと、二十歳を過ぎたらとか、25歳を過ぎたらと、耳にします。
しかし、30代でも40代でも毛穴も目立たずモチモチしたお肌の持ち主も見かけます。
水分や潤い不足になりやすく、乾燥や紫外線からシワやシミにと年齢を重ねていれば、それらの影響をうけるのは仕方がないと思います。
しかし、少しだけ意識するだけでこの様な老化を遅らせることが出来るのです。
年齢を重ねても綺麗なお肌の持ち主は努力と、工夫をしているのだと思います。
出来るだけ徹底して紫外線をカットする事も注目されています。
外出時は、曇りの日でも、日傘をさしてお肌を守ったり日焼け止めも欠かさないケアや肌の露出を避ける事やサングラスをかけるなど、一年中のケアが重視されています。
この様に、意識して気を付けることで今まではスルーしていたことが防げます。
そうすることで、いつの間にか習慣化され当たり前の事として生活の一部になってきます。
いつの間にか年齢を重ねても、同年代より若々しく、みずみずしいお肌を保てている事に繋がると思います。
その為にも習慣化するように意識する生活を送ることです。